私のがん闘病記

胃がん手術前に再度、胃の内視鏡検査をお願いしてみた

投稿日:2018年3月16日 更新日:

1月29日になりました。胃がん手術予定日、2月4日の6日前です。(これらの記事は当時、日記代わりに手帳に記してあったメモを参考に書いている旨をご了承ください)
今日は、手術を行う病院に胃がん手術を受ける前に胃の内視鏡検査が有るかどうかを電話で尋ねてみました。

手術前に再度、胃の内視鏡検査をお願いした二つの理由

私が尋ねた理由は2つあります。

1、かかりつけ医師から預かった胃がん発見の元となった内視鏡のデータは全て病院に手渡してあるのですが、肝心の胃を手術をする病院での胃の内視鏡検査を一度も受けていません。(がんの転移を懸念した肺や肝臓、胃のCTや大腸の内視鏡検査は受けていますが・・・)

2、私は胃がんが発見された2~3日後から、がんにターゲットを絞ったサプリメントを約一か月間飲み続けています。もしかしたら、がんが発見時より小さくなったり、運が良ければ消滅したりして手術の必要が無いと言われるような事変が起きているのではないか・・・などとも考えたからです。
これには事例が有りまして、胃がんから腹膜にもがんが転移したステージ4、余命半年と診断された末期がんの人が私と同様にサプリメントを飲まれて寛解された事例が有るからです。

病院からの回答電話は自動車の運転中でしたので、明日、改めて聞くことになりました。

翌日、1月30日にいただいた電話の内容はご要望があり、検査する事によって安心して手術を受ける事ができるならば、胃の内視鏡検査をしましょうという回答でした。

もちろん、お願いいたしました。良かった!

↓ わずかの期間に体力を増強して副作用が激減! ↓

末期がんから生還せよ!アニメーション180

-私のがん闘病記
-, ,