生還せよ!

末期ガン治療で死なない為の具体策

投稿日:

今日は、末期ガン治療で死なない為の具体策です。
楽しみにお読みくださいね。

 

近頃、「○○にならない為には○○を食べると良い」とか、
「○○は○○を摂って治せ」とか、
食材とか食材に含まれる栄養についてのテレビ番組が多くなりましたよね。

疾病と栄養に関するテレビ番組が多くなった理由ですが、
病気の原因がウイルスや菌などの場合は
薬で病原菌を体内から排除すれば完治するのですが、
生活習慣病や加齢に伴って人体が壊れていく病気は、栄養でしか改善しないからです。

 

たとえばケガをしたら消毒したり、止血をしたり、場合によっては縫合をします。
消炎剤を使うことも有るでしょう。
しかし、これらの治療や薬は、傷が少しでも早く治るように、
感染症や合併症を予防しているのであって、
傷そのものを治しているのではありません。

実際に傷口に新たな細胞を作って、
傷をふさぐ作業は、あなたの身体が
栄養(部品やエネルギー)を使って治しているのです。

 

がんも生活習慣病や加齢によって起きる体細胞の異常です。

がん細胞によって狂わされた免疫を正常化したり、
弱った免疫を強くするのは、あなたの身体と栄養なのです。

(ノーベル賞受賞で、いま話題の『オプジーボ』は
がん細胞によって免疫の働きにブレーキがかかってしまう、免疫異常を防ぐ薬です)

 

また、抗がん剤や放射線は、がん周辺の正常細胞まで傷つけたり
毛母細胞や腎臓、肝臓など、他の器官にもダメージ(副作用)を与えてしまいます。

これら狂った細胞を正常化したり、
細胞が破壊されるのを防いだり、臓器を修復するのは
キズや骨折を治すのと同じく、
薬ではなく、栄養と自身の身体機能にしかできないのです。

このように「栄養が細胞をコントロールして正常化する!」
という事が腹に落ちさえすれば、
あなたもがんという病が、さほど怖くはなくなるはずです

病院の治療は、がんを小さくする手助けをしてくれますが、
本当にがんを小さくして寛解、維持をするのは、あなたの身体と栄養なのです。

 

「末期ガン治療で死なない為の具体策」は
まず、栄養を十分に摂取して抗がん剤や放射線、手術によるダメージを緩和すること、
そして、がん細胞によって狂わされた免疫細胞を正常化することだったのです。

 

治療の途中から十分な栄養を摂取した人の報告を
ここからジャンプして
「余命半年なのに不確実な入院治療を中断。飲み薬とサプリで寛解へ」
で「ページ内検索」をしてご覧ください。

ページ内検索の方法は
https://www.pc-master.jp/sousa/kensaku.htmlをご覧ください。

 

がん患者が、ガンで亡くなる割合は2%以下だと言う専門家もいます。

ぜひ、栄養を十分に摂取して副作用や後遺症のダメージを緩和して、
末期ガン治療で死なない身体を創りましょう!

-生還せよ!
-, , ,