がんに関する記事

白血病の新治療法を厚生労働省が了承・人工遺伝子を利用した新薬

投稿日:2019年2月27日 更新日:

2019年2月20日に厚生労働省の専門部会が一部の白血病を治療する新型の細胞製剤「キムリア」の製造販売を了承しました。競泳の池江璃花子選手の白血病の罹患発表以来、骨髄のドナー登録の問い合わせが増えているようですが、ここへ来て又、新たな治療法の選択肢が増えたようです。
2019年2月21日の中日新聞記事より

ここから=================================

厚生労働省の専門部会は20日、一部の白血病を治療する新型の細胞製剤「キムリア」の製造販売を了承した。人工遺伝子で患者の免疫細胞の攻撃力を高める「CAR-T細胞」を利用した国内初の治療法で、3月にも正式承認され、5月にも公的医療保険が適用される見通し。臨床試験(治験)で既存の治療法が効かない患者にも効果が得られたことから注目を集めており、他のがんに応用する研究が世界的に活発になっている。

欧米では既に承認されているが、米国では一回の治療が5,000万円以上に設定され、高額な費用が問題となっている。日本でも今後、価格が決定されるが、保険適用が認められた当初、年約3,500万円かかるとして話題になったがん治療薬「オプジーボ」よりも高くなる可能性がある。利用できるのは、抗がん剤が効かなかった人などに限定しており、年間二百五十人程度と見込まれる。

CAR-T細胞はキメラ抗原受容体T細胞の略。患者の血液から免疫を担うT細胞を採取し、さらに人工的に作った遺伝子を導入して作製する。これを点滴などで患者に戻すことで治療する。遺伝子をうまく設計することによって、特定のがん細胞にくっつきやすくし、攻撃力を高める。

キムリアは、製薬会社ノバルティスファーマ(東京)が製造販売を申請。治療対象は、血液がんの「B細胞性急性リンパ芽球性白血病の25歳以下の患者と「びまん性大細胞型B細胞リンパ腫」の患者。使用できるのは副作用に対応できる病院のみとする。治療で使うCAR-T細胞の加工は、米国で行うが、神戸市で実施する計画もある。

日本の患者が参加した治験は、白血病で約八割、リンパ腫で約5割の患者に効果があった。一方で過剰な免疫反応による発熱や筋肉痛などの副作用が多くの患者で出た。

この日の部会では国内初の遺伝子治療薬「コラテジェン」も五年間の期限付きで製造販売が了承された。バイオ製薬会社アンジェス(大阪府)が申請し、血管が詰まり足などが壊死(えし)する「慢性動脈閉塞(へいそく)症」の患者が対象。HGFという遺伝子を、詰まった部分の周囲の筋肉で働かせ、新たな血管を作らせる。

(メモ)

CAR-T細胞療法 免疫細胞を使った治療と遺伝子治療を組み合わせた最新のがん治療法。がん細胞とくっつきやすくするための遺伝子と攻撃力を高めるための遺伝子をつないだ人工遺伝子を組み込むことで、免疫細胞の一種、T細胞が活性化し、特定のがん細胞を集中的に攻撃できる。難治性の白血病や悪性リンパ腫で効果が示され、欧米ではキムリアの他、複数のCAR-T細胞療法が承認されている。固形がんへの応用に向けた研究も進む。

ここまで=================================

まとめ

1、簡単にいえば、患者さんの血液から免疫細胞のT細胞を採取する。
2、採取したT細胞にがん細胞への攻撃力を強化するために人工遺伝子を導入する。
3、強化したT細胞を培養してオーダーメイドのクスリを作る。
4、オーダーメイドのクスリを点滴などで患者の体内に注入する。

古典的で非科学的な免疫療法とは2のがん細胞への攻撃力を強化するために人工遺伝子を導入する・・・という部分。

遺伝子工学と免疫療法の良いとこどりをしたような、「新免疫療法」と呼ぶべきものかもしれない。

いずれにしても、私たち「がんサバイバー」にとっては朗報となりそうです。

PR 末期がんでもあきらめないで!

↓ わずかの期間に体力を増強して、
しんどい、つらいなどの諸症状を緩和する! ↓
末期がんから生還せよ!アニメーション180

-がんに関する記事
-, ,