父の末期がん闘病記

終末医療のための再入院

投稿日:

父はその後もしばらくの間、自力でY医院へ通って診察をしてもらい、流動食をもらっていたのですが、いよいよ流動食も十分な量が喉を通らなくなり、体重も一段と落ち、点滴を受ける必要があるということで地域の基幹病院であるT病院へ再入院することになりました。

今回の入院は、治療が始まる前に大学病院のY先生に言われた「この治療が終わった後の入院は、治療の為の入院ではなく終末医療のための入院となりますから、自宅から近い病院が良いでしょう。」という助言をいただいていたので、以前に検査入院でお世話になったT病院への入院となりました。

入院前日のことらしいです。
先に妻を亡くしていたために、今では独身の父が自分で肌着や洗面道具などを整えて入院準備を終えて一休みをしていた時に、自宅にいた私の妻に「これからどうなってしまうんだろう?」と言ったということを入院後に聞きました。その時、妻は何も言えなかったそうです。この事は、今でも忘れることができません。父のがんの闘病生活中で始めて聞いた弱音でした。よほど、不安だったのだと思います。

入院して点滴が始まり、二~三日で顔色も少し良くなった気がしました。当時はT病院が孫達の通学路の途中にあるため、学校の行き帰りによく見舞いに寄ってくれていました。

しかし、しばらくすると、父の全身の様態が坂道を転げ落ちる小石のように加速度的に悪くなっていきました。見舞いに行った私に「(身体が)しんどいわぇ」と言うのです。

この時点でも、もし食物が喉を通れば、大学病院の治療入院時に飲んでいたような「しんどさ」を克服して身体が楽になる健康食品があります。しかし、点滴や薬剤にはこの「しんどさ」を解消するものがありません。どうしてやることもできず、せいぜい、なでたり、さすったりすることが関の山でした。

がん闘病中の父の弱音は、この「しんどいわぇ」と「これからどうなってしまうんだろう?」と言ったという二言だけがでしたが、「しんどいわぇ」という訴えは私が父から直接聞いた言葉だけにの骨身にこたえました。

そんな状況でも看護婦さんが「下の世話をさせてください」と言っても、父は自分で歩いてトイレへ行っていました。
 
私は毎日のように病院に通っていたのですが、ある日、看護士さんが「今日、始めてお父さんが吸引機でタンを取らせてくださいました」と、さも嬉しそうに話してくださいました。きっと看護士さんたちにも見るに耐えないような苦しみが続いていたのでしょう。

その報告を聞いた深夜に電話が鳴りました。

PR 末期がんでもあきらめないで!

↓ わずかの期間に体力を増強して、
しんどい、つらいなどの諸症状を激減! ↓
末期がんから生還せよ!アニメーション180

-父の末期がん闘病記
-