私のがん闘病記

1月7日になって、やっと病院が稼働し始めた

投稿日:2018年3月3日 更新日:

かかりつけの病院長から電話が入る

1月7日の8時58分に携帯の呼び出し音が鳴りました。思ったとおり、12月27日にガン告知を受けたかかりつけの先生からの電話でした。
翌日の8時45分に手術を予定している総合病院で受付が開始され、9時から診察の予約が取れたので、今日のうちに紹介状や、今までの検査資料を渡したいで取りに来るようにという電話です。

年末から10日以上も待たされて、やっとがん治療に踏み出した第一歩なので、大急ぎで駆け付けました。

その時に手渡された資料のCDを家へ持ち帰ってコピー、後に読み取りソフトをパソコンにインストールして、たくさんの画像の中から素人目にそれとわかる画像を選んで自分で印をつけた画像が以下のものです。

内視鏡による胃がん画像
この年、私は1月6日の月曜日からやっと仕事を始めたばかりです。まだ、仕事始めで、ようやく仕事が回り始めたばかりでやらねばならないことがたくさん残っています。
明日、病院へ行ったら、即、検査入院、手術となってしまうのだろうか?入院すれば、即、病人さんになってしまう。

いろいろ心配事が目前に迫ってなんだか、不安になってきました。

↓ わずかの期間に体力を増強して副作用が激減! ↓

末期がんから生還せよ!450固定バナー

-私のがん闘病記
-,