がんに関する記事

肺がん患者の参考人に「いいかげんにしろ」とやじ 自民党・穴見陽一氏 

投稿日:

2018年6月22日 中日新聞記事参考

6月15日の衆院厚労委員会で、日本肺がん患者連絡会代表の長谷川一男さんが、参考人として屋外の喫煙場所の在り方について発言した際に、自民党の穴見陽一衆院議員(48)が「いいかげんにしろ」などとやじを飛ばしたことが分かった。

穴見氏は21日、「不快な思いを与えたとすれば、心からの反省とともに深くおわびする」と謝罪した上で「喫煙者を必要以上に差別すべきではないという思いでつぶやいた」と説明した。

長谷川さんは「招かれて行った場でやじを浴びせられ、悲しく残念な気持ちになった。命に関わる問題を議論する場なのに、議員としての資質が問われる」と語った。

穴見氏は大分1区選出の三回生議員で、ファミリーレストランを展開する「ジョイフル」代表取締役相談役。大分がん研究振興財団理事も務めている。改正案は、客席面積百平方メートル以下の既存飲食店で喫煙を例外的に認めたが、野党やがん患者らから「規制が骨抜きになる」と反発が出ている。ジョイフルのような大手チェーンは面積にかかわらず禁煙となる。受動喫煙対策を巡っては、昨年5月の自民党会合で、大西英男衆院議員(東京16区)が「(がん患者は)働かなくていい」との趣旨のやじを飛ばし、党東京都連副会長を辞任した。

「患者の痛み分かってない」批判殺到

やじを飛ばした自民党の穴見陽一衆院議員に対し、ツイッター上で「患者の痛みを分かっていない」と批判が相次いでいる。野党は「許し難い」と、与党に調査を要求。自民党内からも問題視する声が上がった。

ステージ4の肺がん患者で日本肺がん患者連絡会代表長谷川一男さんは十五日、体調が優れない中、衆院厚生労働委員会の要請に応じて出席し、「声なき声に耳を傾けてほしい」と受動喫煙の被害実態を訴えていた。

ツイッター上には「(患者が)どれだけつらく、苦しい思いをしているのか分かっているのか」「痛みが分からない人に国会議員は務まらない」「喫煙の権利はあると思うが、権力をかさにどう喝するとは」との投稿が並び、穴見氏の議員辞職を求める声も目立つ。

自民党の三原じゅん子氏も「事実なら長谷川さんに一刻も早く謝罪すべきだ」とツイート。穴見氏は二十一日午後にコメントを出し、やじに関して「喫煙者を必要以上に差別すべきではないとの思いでつぶやいた」と釈明したが、衆院厚労委の野党筆頭理事西村智奈美氏(立憲民主党)も「つぶやきだと矮小(わいしょう)化できる話では決してない」と批判した。
健康増進法改正案を巡っては、以前にも自民党の大西英男氏が党会合で「(がん患者は)働かなくてもいい」との趣旨の発言をし、批判を招いた。法案の規制も、自民党のたばこ議員連盟の強い反発などで大幅に後退。公明党幹部も「ないよりましという内容」と本音を漏らしている。・・・情けない。

PR がん治療は病院でしかできないことがあります。
また、自分と家族にしかできない重要なことがあります。

↓ わずかの期間に体力を増強して副作用が激減! ↓

末期がんから生還せよ!450固定バナー

-がんに関する記事
-, ,