がんに関する記事

堀ちえみさん・ステージ4の舌がん手術から生還!

投稿日:

堀ちえみさんは、’67年2月15日生まれの52歳。大阪府出身。
ホリプロのタレントスカウト・キャラバン優勝後、’82年「潮風の少女」でデビュー。
アイドル時代のヒット曲に「待ちぼうけ」や「夏色のダイアリー」等があります。

堀ちえみをスターダムにのし上げたのは、TBSの人気番組「スチュワーデス物語」。
ドラマで多用された「教官!」で’84年の流行語部門の大衆賞を受賞。他にもドラマの中で(私は)「ドジでノロマな亀」(ですが・・・)などの名セリフを生んだ。

堀ちえみさんの舌がんが判明した経緯

その堀ちえみさんが、2月19日、ステージ4の舌がんであることを自身のブログで公表した。

昨年の夏に舌の裏側に小さい口内炎ができ、10月のブログでも口内炎が治らないと書いている。
11月には痛みが治らないのでレーザーで焼いてもらったとのこと。
今年になってももしこりが増え続け、夜も寝られないほど痛むので自分で調べてみたら最悪の場合、がんではないかと思ったという。

1月21日に大学病院へ行ったところ、悪性の舌がんの可能性が高いという診断を受け、2月4日にステージ4の舌がんと告知を受けたという。左首のリンパ節にも転移しているという。
彼女は19日に入院し、22日に手術を受ける予定。
公表した自身のブログの最後は「私は負けない!」という言葉で結ばれている。

ステージ4の舌がんの見通し

手術は舌がんの部位を少し大きめに切除した後、腕や足などの身体の一部を利用して筋肉などのパーツを取り出し、舌を再建するための手術も同時に行う。また左首リンパ節の切除も行われる。

現在、舌がんはステージ4の場合で5年生存率が約80.6%といわれています。

この記事を書いている私自身も「ガンサバイバー」の一人です。
7人の子供の「肝っ玉母さん」こと・堀ちえみさん、必ず無事に治療を終えて帰って来てください。
子供たちの為、ご主人の為、ファンの為にも必ず!

手術直後後のブログでは

堀ちえみさんの手術が終わってから3回ブログが更新されている。22日は11時間にわたる手術が終わった報告をご主人様が。

25日はICUから一般病棟に戻ったことを堀ちえみさんのご主人が綴っている。25日の段階では筆談で会話出来るようになり、26日のブログは本人により更新された。「昨日の夕方、少しだけ歩いてみた」とあり術後の経過は良好とみられる。

堀ちえみさん・舌がん手術から生還!

テレビなどでも報道されましたが、堀ちえみさんが無事に退院されました。
堀ちえみさんの3月26日の公式ブログより一部引用させていただきます。

この度は沢山の励ましを頂きました。

(中略)

ほんの一ヶ月前は、
自分の命がどうなってしまうのかと、

とても不安な状況でした。

それが今、
こんなに元気になり、
あんなに痛かった腫瘍も全部なくなりました。

生まれ変わった…
そんな気持ちです。

今回の手術で、
「癌は全て取りきれた」
との事です。

(中略)

そんな何気ない当たり前の日常を、
当たり前に過ごせる事、

それが一番の幸せなんだと心から思いました。

これからは生きている事に感謝をして、

これからの人生を大切に過ごしていきたいと、
そう思って居ります。

今後とも宜しくお願い致します。

先ずは退院のご報告まで。

https://ameblo.jp/horichiemi-official/entry-12449759658.htmlから引用

今後は、定期的な検査を欠かさず、再発予防に専念していただきたいですね。

PR 再発予防の力強い味方!

↓ わずかの期間に体力を増強して、
しんどい、つらいなどの諸症状を緩和する! ↓
末期がんから生還せよ!アニメーション180

-がんに関する記事
-,