がん治療の補完代替医療をお探しの方へ

私のがん闘病記

京都の伏見稲荷大社へ初詣に行く

投稿日:2018年2月9日 更新日:

1月4日は京都の伏見稲荷大社へ初詣に行ってきました。

ほぼ毎年の正月休みの間に、あちこち身体が壊れかけたおじさん三人がドライブと観光がてら京都の伏見稲荷大社へ初詣に行きます。もう、20年以上も続いています。

私自身は昨年末に胃がんの告知を受けたにもかかわらず、自覚症状は皆無ですので、今後の健康回復祈願の意味も含めて例年通り行くことに決めました。
今年は朝の八時半に京都に向けて出発。途中、多賀のサービスエリアで朝食をとりました。朝食を食べ終えた後に、私がサプリメントを大量に飲むのを見た友人二人が「何やそれは?」と尋ねるので、「ほら、例のがん対策や」と話したのを覚えています。

その後、京都東インターを降りて伏見へ。1月も4日になるのにどの有料駐車場も大盛況です。いつも使う製材屋さんの有料駐車場に止めて伏見稲荷大社へ徒歩で向かいます。下図の参道に出るまで人出が多いため例年20分から30分ぐらいかかります。
京都・伏見稲荷

↑ 2014年1月4日の伏見様参道の様子 ↑

伏見稲荷大社の千本鳥居

伏見稲荷・千本回廊 ↑ 朱の回廊・千本鳥居 ↑

今年は伏見様の本殿の裏から朱色の鳥居が延々と続く「千本鳥居」をくぐり抜けて、命婦谷の奥社奉拝所にある話題のパワースポット、おもかる石にもお参りして石を持ち上げてきました。この回廊を巡るのは、前にも経験があり二度目になります。

東福寺へも

伏見稲荷大社の初詣を終えて、すぐ近くの東福寺にも参拝。ほとんど毎年京都へ行っているのですが、東福寺の参拝は今回が初めてです。
東寺

↑ 東福寺・左に伸びる回廊は時代劇の撮影場所としても有名です ↑

 

この後、昼食を食べるところを探して京都の町中をあちこち車で走り回りました。毎年、昼食を奮発して美味しいお店を探すのですが、今年はお店の休み時間帯にはまってしまって、なかなか「これは!」というお店に入れません。3時半ごろになって、やっと銀閣寺の近くのお店で、おばんざいにありつけました。茄子の煮びたしが素朴な味でおいしかったです。昼食の後にも水をもらって「例のがん対策」用のサプリメントを飲んだのですが、さすがに今度は誰も「何やそれは?」とは聞いてきませんでした。

この日の帰宅は高速道路が混んでいたために、夜遅くになってしまいました。

↓ わずかの期間に体力を増強して副作用が激減! ↓

究極!がん治療の補完代替医療

-私のがん闘病記
-, , ,