私のがん闘病記

年越しの晩、がんの自覚症状は皆無

投稿日:2018年2月7日 更新日:

大掃除や洗車、孫の世話などをしながら、何とか無事に年越しの準備も終えた大晦日の晩の事でした。医療関係に従事する娘(出産のために入院中)から「手術をするとお腹いっぱい食べられなくなるし、ビールもお腹が張って飲めなくなるから今のうちだよ」とメールをくれました。そのメールの内容を錦の御旗として、大晦日の夕食は350mlの缶ビールと例年通りの年越し料理を食べた上に、年が変わる少し前には年越しソバもいただきました。

お腹いっぱい食べても胃がんの自覚症状は全くありません

がんの自覚症状は全くありませんが、しばらく少食が続いていたためか、お腹が苦しいくらい満腹だったのを覚えています。こんな状態でも手術を受けなければならないなんて・・・という思いが頭をよぎります。

↓ わずかの期間に体力を増強して副作用が激減! 

末期がんから生還せよ!アニメーション180

-私のがん闘病記
-, , ,