がん治療の補完代替医療をお探しの方へ

私のがん闘病記

大腸の内視鏡検査の結果は問題なし!

投稿日:2018年3月13日 更新日:

やっと大腸の内視鏡検査が終り、検査着から自分の服に着替え、しばらく控室で待っていると再度、検査室に呼ばれました。検査室のモニター画面を見せてもらいながら内科部長から説明を受けたのですが、ポーリープもがんの転移も無く、大腸は大丈夫ということで、まずは、ヤレヤレでした。

今回の検診で、がんはもちろんポリープの切除さえしなかったので「もう、食事は普通に戻してもらって良いですよ」と言われました。
この日は朝の9時前に病院に入って午後3時過ぎの帰宅になりました。昨夜の夕食以降は朝ごはんはもちろん、昼食も食べていなかったので家に帰って、さっそく有りあわせの菓子パンを食べました。その後、急に便意をもよおしてトイレに駆け込みましたが、透明な腸管洗浄剤しか出ませんでした。

やっとまともな食事にありつく

夕食で、やっとまともな食事にありつけた・・・という感じです。食事が終わった後も、時々、おなかがグルグルと鳴っていました。内視鏡検査の時に腸管へ送り込んだ空気が腸の中であちこち移動している感じです。

翌朝、1月11日の朝食後も未だお腹がグルグル鳴っていました。昨日のように一日に何度もトイレに駆け込むのは嫌なので、いつもの時間帯にトイレへ行ったのですが、わずかに色のついた洗浄剤が出ただけでした。

でも、トイレの後は、やっとおなかがグルグルと鳴ることが無くなりました。

おそるべし、下剤と腸管洗浄剤です。

↓ わずかの期間に体力を増強して副作用が激減! ↓

究極!がん治療の補完代替医療

-私のがん闘病記
-, ,