生還せよ!

末期ガンで死なない方法

投稿日:

「どうして私がガンに!」とか、
「なぜ、私の家族がガンに!」と戸惑いつつも、
最悪の精神状態から立ち直り、
このメルマガをお読みいただいている
あなたに、深い感謝と敬意を表します。

今日は、ガンで死なないための
「具体的な方法」をお伝えいたします。

 

そんな方法方があるはずが無い・・・
と大多数の人が思われるかもしれませんね。
では、ホンの少し、がんという病に対する見方を変えてみませんか?

岡山大学医学部付属病院で
1年間に亡くなったガン患者のカルテを精査したら、
80%の患者さんは、ガンではなく、
抗がん剤や放射線など、ガン治療の副作用で死亡していたことが判りました。

 

ガン治療、特に末期ガン治療は
がん細胞が滅びるか、ガンより先に宿主が亡くなるか・・・
というほど壮絶な戦いになりがちです。

よく著名人の死亡原因が肺炎とか、心不全と報じられるのはこのためです。

また、亡くなられないまでも
末期がんの三大治療は、
患者さんの体力と気力を削ぎ落とし、
途中で治療を断念したくなるほど過酷なものです。

そのために治療の途中で手加減したり
断念した結果、がん細胞は残ったままという状態にもなりえます。

 

一方で末期ガンの治療中にも拘らず、
髪も抜けず、非常に元気で血色が良い人もいます。

こういう人達の多くは、手術に備えて体力を増強したり、
抗がん剤や放射線の副作用を自分で努力して緩和しているのです。

その結果、過酷な末期ガン治療を楽々と完遂できたり、
(病院側も患者さんの体調を診ながら治療を施すので)
当初の予定より強い薬を使った
思い切った治療ができた結果、
「がん細胞消滅!」という好循環も起こりうるのです。

詳しくはここからジャンプしたページで
「『消えない』と言われた末期がんが治療途中の2クルー目で消滅!」
や「余命3~6ヶ月の胃と肝臓の末期がん患者が生還の後に寛解」
を「ページ内検索」をしてご覧ください。

ページ内検索の方法は
https://www.pc-master.jp/sousa/kensaku.htmlをご覧ください。

 

末期ガンで死なないための
「具体的な方法」とは
「末期ガン治療で死なない方法」だったです。

 

-生還せよ!
-,