父の末期がん闘病記

父が飲んだ健康食品は、がん治療の副作用を抑えたうえにがんを消滅!

投稿日:

父が入院した大学病院では一月に一回、病院長がお医者様やインターンを引き連れて患者の病室を見て回る「大名行列」と言うのがあります。

まるで、一昔前のテレビドラマ「白い巨塔」の世界です。(苦笑

がん患者の父たちの病室も例外ではありません。
(未だ、父にガンだとは話していません。放射線治療を行う患者の病室だと言ってあります)

この時、インターンと思しき人が父を見て「この人は、髪の脱毛もせず、皮膚も(放射線の)照射で、ただれていない。それに、なぜこんなに元気なのですか?」 と質問をしたそうです。それに対しての院長の答えは「この人は、特異体質です。」と答えていたと後日、父が笑って話してくれました。(以上は、昨日の記事の補足です)

大量に飲んでいる健康食品は見事に強い抗がん剤と放射線によるがん治療の副作用を押さえ込んでいました。

それだけではありません!
サンドイッチ療法のちょうど半分の2クール目が終わった時に大学病院でCTによる画像検査をしたようです。そのとき、なんと、がんの患部が見あたらないというのです!

PR がん治療は病院でしかできないことがあります。
また、自分と家族にしかできない重要なことがあります。

↓ わずかの期間に体力を増強して副作用が激減! ↓

末期がんから生還せよ!アニメーション180

-父の末期がん闘病記
-, , ,